古事記と日本書紀の説明

カテゴリー:教育・学問   作成日:2012年05月05日 10時42分   終了日:2012年08月03日 10時42分  
評価率31.3%
16件中
この投票所は終了しています。
同様の内容で投票を行いたい場合は、新しい投票所を作成してください。

古事記と日本書紀は第四十代天武天皇により編纂された日本最古の

選択肢 投票数 コメント
1
参考にならない。...38.6%
17票 -
2
ちょっと読んでみたいかも。...29.5%
13票 1件
3
マジか…。...18.2%
8票 -
4
参考になった。...13.6%
6票 -
  計 44票 計 1件

この投票所をはてなブックマークに追加   mixiチェック  

全体コメント

まっが~れ (au)    2012/05/05 10:42:21    ID:!ギポニオ。
補足
確かに神話的要素が強い面もありますが、それはイザナギ、イザナミの国生みなどのところだけで、それは日本人の古くからの考え方は何かを示す文章と理解するといいでしょう。
天孫光臨などは天皇が日本の統治者であることを象徴的に記しているものであって、実際がどうだったかは不明。
政治的な意図や歴史的に不明確な部分がありはしますが、それと同程度正しい事柄も書かれています。
また、日米戦争中、アメリカの日本民族研究の第一級書物でもあった。

まっが~れ (au)    2012/05/05 10:43:19    ID:!ギポニオ。
次が切れたので再掲します。
古事記と日本書紀は第四十代天武天皇により編纂された日本最古の'歴史書'であり、朝廷が作成した政府見解である。また、古事記は文学的要素が強く国内向けのもので、日本書紀は天皇の正当性の根拠を明確にする要素があり、海外向けのものである要素がある'正史'です。

まっが~れ (au)    2012/05/05 10:43:30    ID:!ギポニオ。
従って、憲法、法律、日本政府の正当性を示す天皇の認証・公布はこれらが最大の根拠となっており、これが否定されると天皇そのものの正当性が失われてしまう危険性がある程、重大な歴史書でもあります。
要するに、日本の憲法など重要なものを正当なものとして公布し、力を持たせる原点であると言える。

まっが~れ (au)    2012/05/05 12:18:22    ID:!ギポニオ。
補足
古事記は学術M文庫、日本書紀は講談社学術文庫、などに現代語訳が出ており、古文に詳しくない人でも読めるように敷居が低くなっている者が多い。
他人が訳したものを読むより原文を読むわー、という気概のある方は岩波文庫のものを読むといいだろう。

まっが~れ (au)    2012/05/05 12:38:50    ID:!ギポニオ。
正確には、第四十代天皇である天武天皇の勅命により編纂された歴史書が日本書紀と古事記です、と補足します。

まっが~れ (au)    2012/05/05 21:15:30    ID:!ギポニオ。
また、日本書紀については【日本書紀全訳】という宮澤豊穂訳の高いものがありますが、こちらは正確に日本書紀を訳したものみたいです。


カテゴリー 教育・学問
作成日 2012年05月05日 10時42分
更新日 2012年07月26日 12時43分
終了日 2012年08月03日 10時42分
投票回数 1日1回
投票環境 PCと携帯
選択肢 追加不可
編集 編集不可
その他 公開投票所

おススメ投票所