校庭でボール遊びしていた小5少年が高額賠償

カテゴリー:ニュース   作成日:2011年07月09日 04時50分   終了日:2012年01月07日 23時59分  
評価率71.1%
38件中
この投票所は終了しています。
同様の内容で投票を行いたい場合は、新しい投票所を作成してください。

小学校5年生の少年が、放課後にサッカーをしていてシュート。
しかしボールは外れゴールの後ろにあった1.3mのフェンスを超え道路へ。

その時、不運にも後ろをバイクで走っていた80才の老人の前に落ち
避けようとして顛倒し骨折。
老人は骨折後に歩くことができず、それが原因で痴呆症になり1年8ヶ月後に死亡(遺族の主張)
裁判所は因果関係を認め、11才少年に1500万円の慰謝料を請求する判決を下した。

↓詳しくはこちら(gooニュース)
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20110708-567-OYT1T00149.html

これについてど思われますか?

選択肢 投票数 コメント
1
原因究明とか再発防止じゃなく金銭目的のようだね...38.5%
67票 2件
2
フェンスを低くした学校側が悪い...18.4%
32票 3件
3
遺族がお金欲しかっただけ...13.2%
23票 4件
4
少年が悪い適切な判定だ...10.3%
18票 5件
5
明らかに恐喝裁判だ。地裁は無知すぎる。...5.2%
9票 1件
6
キーパーの正面でもいいから枠に入れろ!...2.9%
5票 -
7
少年を責めることはできない...2.9%
5票 1件
8
運動場でサッカー禁止の世の中が始まる...2.9%
5票 -
9
モンスター遺族...2.3%
4票 -
10
ほっといても痴呆症になってたんじゃ?...1.7%
3票 1件
11
ボールは友達じゃない...0.6%
1票 1件
12
日本もアメリカのように裁判国家になる...0.6%
1票 -
13
老害は早く去ねばいいのに...0.6%
1票 -
14
恐らくクンガキがわざと狙ったに違いない因果応報...0%
0票 -
15
最高裁まで争ってほしい...0%
0票 -
  計 174票 計 18件

この投票所をはてなブックマークに追加   mixiチェック  

全体コメント

ssr (大阪)    2011/07/09 04:50:19    ID:アトンドマ
投票・項目追加よろしくおねがいします。

ちぃパパ (愛知)    2011/07/09 19:54:13    ID:トホヲニマ
被害者からしてみれば当然であり泣き寝入りするべきではない
加害者側が上告するか、市・教育委員会・学校側を訴えるべきである。

伝統的価値観こそ日本を救う (東京)    2011/07/11 21:42:50    ID:ォグゴニマ
↑同意、異論なし。

docomo使い    2011/07/13 08:49:50    ID:ナペ?ァオ。
↑同意

討伐隊 (滋賀)    2011/07/13 09:04:55    ID:ゴォゼツオ
もう無茶苦茶。ヘタしたらこの裁判、遺族側の弁護士だって難癖恐喝の片棒担いでるようなもんだろ。とても妥当性のある裁判とは思えない。

大阪人男性A (au)    2011/07/14 15:22:59    ID:ゼミムギエ。
老人側弁護団は共産党系弁護士だろうね。

伝統的価値観こそ日本を救う (東京)    2011/07/15 18:46:19    ID:ポトメウエ
書かれている事が事実なら、何の問題も無い、事実でないなら、文句を言ってる連中は新事実を提示すべきだ。汚い印象操作は人権派弁護士に任せて皆さんは手を汚すべきではない。一般庶民は提示されている事実でしか判断は出来ないのだから。


カテゴリー ニュース
作成日 2011年07月09日 04時50分
更新日 2012年01月05日 11時23分
終了日 2012年01月07日 23時59分
投票回数 1日1回
投票環境 PCと携帯
選択肢 追加可能
編集 作者編集可能
その他 公開投票所

おススメ投票所